基礎体温表って?

妊娠を希望される方に必要不可欠なのが基礎体温表です。


基礎体温は、毎朝目が覚めたら起き出す前に、布団に横になったままで、

舌の下に婦人体温計(36.〇〇℃まで計れる体温計)を挟み計ります。


この基礎体温を表にしたものが基礎体温表になります。


基礎体温を測る注意点は睡眠を4時間以上とり、体を動かす前に計ることです。


この基礎体温表を3サイクル分

(生理が始まってから次の生理がくるまでを1サイクル)

つけてみると、自分の周期の傾向がつかめます。


妊娠希望で病院にかかる場合も、この基礎体温表は必要となります。

さて、どのような表になるかというと、

低温期と高温期の二層構造の表が出来ます。


低温期から高温期に入るとき、低温期の体温より少し下がり、

そこから高温期に移行します。


この低温期と高温期の体温の差は0.5℃ほどです。


低温期から高温期に移行する間に排卵が起こっており、

妊娠の確率がもっとも高くなる期間です。    

  
高温期に入ってからはどの人も、14日前後で生理が来るようになっています。


なぜ14日前後かというと、

排卵後子宮の環境を整えるために分泌されていた黄体ホルモンが

妊娠不成立の場合役目を終えるからです。


妊娠が成立した場合はこの高温期が14日以上続きます。

妊娠を継続させるために黄体ホルモンが分泌され続ける為です。


このことから、基礎体温を測っている人は、

いち早く妊娠を知ることが出来ます。


ちなみに、これもまたややこしい話なんですが、

仮に子宮外妊娠であっても体温は高温を維持します。


基礎体温だけでは正常妊娠かどうかの判断はできませんので、

14日以上高温が続く場合は妊娠検査薬で検査をし、

5週~7週までの間には初診に行くようにして下さいね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠の成立
先にも少し触れましたが、妊娠する可能性がもっとも高いのは、 排卵日の3日前から排......
子宮外妊娠とは?
要らぬ心配をしてしまうことになるかもしれませんが、 これも知っておくべきことなの......
中絶について
本来なら望んだ妊娠をした方には無用な話だとは思いますが、 ひとつの知識、考えとし......

▲このページのトップへ