子宮外妊娠とは?

要らぬ心配をしてしまうことになるかもしれませんが、

これも知っておくべきことなので書きたいと思います。


先にも、妊娠検査薬で陽性が出てすぐに病院に行っても、

胎のうが確認できずに子宮外妊娠の可能性を言われると書きました。


私も始めての妊娠の時にお医者様からそう言われて、

とても不安な日々を過ごしました。


結果として、やはり週数が早かっただけ・・・

というパターンが一番多いので、もし、

今不安な日々を過ごされている方がいらっしゃるなら、

赤ちゃんを信じてゆったりとした気持ちで

次の検診を待って欲しいと思います。

しかし、可能性は低いとはいっても、

子宮外妊娠で望んだ赤ちゃんを産むことのできなかった人もいます。


実は私も3人目になるはずだった赤ちゃんを失っています。


子宮外妊娠で一番確率が高いのは、卵管に着床してしまうパターンです。


子宮外妊娠の約98%はこの卵管妊娠となります。

残りの約2%に卵巣妊娠や腹腔内妊娠があります。


子宮外妊娠で一番怖いのは、受精卵が

着床したその場所で成長を続けようとすることです。


子宮は元々赤ちゃんを育てるための場所なので、

その成長に伴って大きくなっていきますが、

他の場所はそうではありません。


成長に伴って無理のかかった場所が破裂し、大量に出血し、

母体を危険にさらす事になります。


何事もなければ一番ですが、万が一にも子宮外妊娠であった場合は、

妊娠週数が早い段階で手術をする必要があります。


ですので、初診は5週から遅くとも7週までの間に行くことが望ましく、

子宮外妊娠であった場合は、早期発見、早期治療を

行うことで次回の妊娠にも影響が少なくなります。


妊娠したことを喜び、これから大きくなってくる赤ちゃんを

思い幸せな気持ちでいっぱいの人にこれ以上の情報はいらないと思います。


きっと大丈夫、赤ちゃんを信じて次の検診を待っていてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠の成立
先にも少し触れましたが、妊娠する可能性がもっとも高いのは、 排卵日の3日前から排......
基礎体温表って?
妊娠を希望される方に必要不可欠なのが基礎体温表です。 基礎体温は、毎朝目が覚めた......
中絶について
本来なら望んだ妊娠をした方には無用な話だとは思いますが、 ひとつの知識、考えとし......

▲このページのトップへ