妊娠検査薬って?

一般的には生理予定日の一週間後に妊娠検査薬を使うのが

いいと言われていますが、

今は生理予定日から使用できる妊娠検査薬もあります。


ドラッグストアなどで一本500円~900円ほどで購入できます。


ちなみに、私は2本入りを買うことをお勧めします。

一本入りと比べて値段は倍もしませんし、

初めての妊娠検査で薬の使用に失敗しないとも限りませんので。


使用方法ですが、もちろん妊娠検査薬の箱の中に丁寧な

説明書がついてますのでご安心を。


ただ、それでも初めての妊娠検査薬の購入に恥ずかしさや、

どんな風に検査をするのか不安な方もあるかもしれませんね。

そこで簡単ではありますが、どのような検査なのかを書いてみようと思います。


ずばり妊娠検査薬とは尿をスティックにかけて、

しばらく待つと陽性か陰性かを教えてくれる物です。


なんだ、たったそれだけ?と思われますか?

そうなんです、とっても簡単でしょう?


でも何故尿をかけるだけで妊娠をしているかどうかを判断

できるか不思議ですよね?


実は、妊娠をすると尿中にhcgというホルモンが出るようになります。

そのホルモンが一定値に達すると、妊娠検査薬が反応を示すようになるのです。


そのhcgの値が妊娠検査薬に反応するほどの量になるのが、

丁度生理予定日から一週間後、または更に感度のよい妊娠検査薬であれば、

生理予定日となるわけです。


より確実な結果を得る為にhcgの濃度の一番高い朝一番の

尿で検査されるのがいいと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠検査薬で陰性が出たら?
陰性と一口で言ってもその結果に安堵する人、落胆する人様々だと思います。 しかし仮......
妊娠検査薬で陽性が出たら?
おめでとうございます!!御懐妊です! さあ、今すぐ産婦人科に行ってください! と......

▲このページのトップへ