出産の準備

ここでは、お産の準備について書いていきますね。

おそらく、赤ちゃんの性別がわかった頃ぐらいから、

赤ちゃんの洋服などは揃えてきていることと思います。


入院に必要な物については、妊娠8ヶ月頃には一つのバックにまとめておき、

自分以外の家族にもわかる場所に置いておきましょう。


妊娠8ヶ月というと、赤ちゃんが生まれるのはまだ先の話なのですが、

入院の際に必要な物は病院に確認する必要がありますし、

体調が安定していて買い物にも出やすい時期に準備を

済ましておくのが理想だと思います。


さて、どのような物が必要か気になりますよね?

以下にリストを作ってみますので参考にしてみてくださいね。


□ パジャマ

□ 授乳用ブラジャー

□ 産褥用ショーツ又は生理用ショーツ
 (下に当たる部分が開くようになっています)

□ 腹帯もしくわウエストニッパー
 (出産後に引き締めるために使います)

□ 母乳パッド
 (母乳が漏れてブラジャーが濡れるのを防ぎます)

□ 生理用ナプキン
 (病院でも用意してありますが、足りない場合があるので)

□ 洗面用具

□ ハンドタオル・バスタオル

□ お風呂セット
 
□ スリッパ

□ ドーナッツクッション
 (会陰切開の傷が痛むので、あると痛みが和らぐ)

□ 赤ちゃんのおしりふき

□ ガーゼ(授乳の際に使います)

□ 退院の際のママと赤ちゃんの服一式

□ 退院の際の赤ちゃんのオムツ

□ 母子手帳・健康保険証・診察券・印鑑

□ ストロー付きのボトル
 (出産時の水分補給に使いました)


などが、私の入院の際に持っていったものです。


入院用品については病院で用意してある場合もあるので、

事前に確認してくださいね。


基本的に総合病院であれ、個人病院であれ、

入院中の赤ちゃんのオムツは病院で用意してありますので、

退院の際のオムツだけ持っていけばいいと思います。


新生児はチョコチョコおしっこやウンチをするので、

数枚用意しておいたほうがいいでしょう。


入院用品を準備しだすと、いよいよという感じですね!


赤ちゃんが生まれた後に必要な物は沢山ありますが、

代用のきくものもあります。


例えば、ベビーバスなどは新生児の時しか使いませんので、

私はビニル製の衣装ダンスを代用しました。


ベビーベッドなども寝返りをする生後半年くらいまでしか

使わないので、購入よりもレンタルを考えるか、

人から譲ってもらうなど節約できるならしたほうがいいと思います。


あれば便利という物は、ふたつきバケツです。

100円均一にあるようなバケツにスーパーの袋をかぶせて、

そこに使用済みのオムツを捨てるだけでも、ニオイ対策になります。


赤ちゃん用品を用意するのも、一人でするのではなく、

旦那様と二人で楽しく用意できるといいですね!

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠8ヶ月
妊娠8ヶ月とは、妊娠28週~妊娠31週までのことです。 妊娠8ヶ月末の赤ちゃんは......
妊娠9ヶ月
妊娠9ヶ月とは、妊娠32週~妊娠35週までのことです。 妊娠9ヶ月頃の赤ちゃんは......
妊娠10ヶ月(臨月)
妊娠10ヶ月(臨月)とは、妊娠36週~妊娠40週までのことです。 いよいよ、産み......

▲このページのトップへ