産婦人科-病院選びのポイント

総合病院と個人病院のメリット・デメリットを比較してきました。


皆さんどう思われましたか?

なかなか簡単には決められないですよね。


そんな時は難しいことを考えず、一度どちらかの病院に行ってみるのも手です。


初期なら、自分が納得行かないようなら

病院を変えるということもできますからね。


その際には、しっかり医師やスタッフの様子を見たり、

待合室など人の目に触れる場所だけではなく、

トイレに行くときなどにちょっと裏側を覗いてみるのも

いいかも知れません。

人の噂を聞くよりも、自分の目で確かめるのが一番確実で納得の行く方法です。


里帰り出産などを考えていらっしゃる方もおられると思います。


里帰り出産では、遅くても34週に入る頃には

出産される病院に行かれることが望ましいです。


なぜなら、妊婦自身の体質や妊娠経過を把握することで、

医師側も万が一の事態を予測したり、対処することが出来るからです。


母子ともに健やかであることは当然のことながら、

妊婦自身が妊娠・出産の理解を深め、いかに、医師との信頼関係を築けるかで

よいお産だったと言えるのではないでしょうか?


病院選びで全てが決まるわけではないですが、

妊娠期間の約10ヶ月間、出産後は生まれた赤ちゃんの検診など、

長い付き合いをしていくので、

本人はもちろんのこと、家族ともよく相談し、

満足いく妊娠生活、出産になることを願います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

産婦人科-総合病院のメリット・デメリット
メリット ・各科がそろっているので、トラブルがあっても対応が早い ・スタッフが多......
産婦人科-個人病院のメリット・デメリット
メリット ・医師や看護士たちと近いので気軽に相談できる ・一人の医師が検診から出......

▲このページのトップへ