産婦人科-個人病院のメリット・デメリット

メリット

・医師や看護士たちと近いので気軽に相談できる

・一人の医師が検診から出産まで担当してくれる

・順番待ちが短い

・診察に時間をかけてもらえる

・入院の際、面会時間は決まっていない

・子供連れで入院できる

・ご飯が美味しい


デメリット

・万が一のトラブルの際に対応できない

・妊娠中にトラブルがあれば病院を変えなくてはいけない

・入院中、夜間に看護士が不在で急なトラブルに対応できない

・リスクの高い妊婦は受け入れられない


個人病院のメリット・デメリットを比べてみてどうでしょうか?

やはり、個人病院の最大のメリットといえば、

融通が利くというところにあると思います。


私の経験ですが、実は総合病院ではなく、

個人病院で二人の子供を出産しています。


一人目の時に個人病院を選択した理由は、

自宅から車で10分と近かったからです。


自分ひとりで車を運転していくのに、

近い場所の方が危険も少ないと考えたからです。


二人目出産の時は、当時2歳の上の子供と

一緒に入院したかったので、個人病院を選びました。


ただ、私の場合は妊娠期間も出産も何のトラブルもなかったので、

結果オーライという事でしょうか。


人それぞれに様々な理由、都合もありますので、

どちらがいい!ということは断言できませんが、

良く考えて選択される事が一番だと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

産婦人科-総合病院のメリット・デメリット
メリット ・各科がそろっているので、トラブルがあっても対応が早い ・スタッフが多......
産婦人科-病院選びのポイント
総合病院と個人病院のメリット・デメリットを比較してきました。 皆さんどう思われま......

▲このページのトップへ