産婦人科-総合病院のメリット・デメリット

メリット

・各科がそろっているので、トラブルがあっても対応が早い

・スタッフが多いので対応が早い

・万が一早産になってもNICU(新生児集中治療室)があれば生存率が上がる

・大部屋であれば、同時期に出産した人と友達になれる

・入院中、面会時間が決まっているので疲れない

・母乳マッサージの指導などが丁寧


デメリット

・待ち時間が長い

・担当の医師が代わることがある

・医師への相談時間がとりにくい

・小さな子供連れで入院できない

・お見舞いに小さな子供を連れて行けない

・個室を希望すると料金が高くなる

・入院中の食事が味気ない

総合病院のメリット・デメリットを比べてみてどうでしょうか?


私は、より安全な妊娠生活・出産を望むなら総合病院が一番

良いと思いました。


しかし、大きな病院が自分の住んでいる地域になかったり、

里帰り出産をするなど、また、二人目・三人目の出産

となると総合病院に行きづらいということもあるでしょう。


以前、出産中の妊婦のトラブルで緊急事態になり、

大きな病院へ受け入れを要請したにも関わらず、

受け入れが拒否されるといった事件もありましたよね。


そういったことを考えると、最初から総合病院にかかっている

方がいいとも思えます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

産婦人科-個人病院のメリット・デメリット
メリット ・医師や看護士たちと近いので気軽に相談できる ・一人の医師が検診から出......
産婦人科-病院選びのポイント
総合病院と個人病院のメリット・デメリットを比較してきました。 皆さんどう思われま......

▲このページのトップへ