産後ママのこと

産後ママは、10ヶ月の妊娠、出産という大仕事を終え、ひと段落つく暇もなく新生児の世話に追われ・・・と

本当に大変ですよね。

そんなときに、何でもないことに急に悲しくなったり不安になったりします。

これは、体の疲れもありますが、産後の急激なホルモンの変化によるものです。

この時に無理をすると、産後鬱などになるので、無理は禁物です。

もちろん、心の方だけでなく、体のほうも大変に疲労していますので、”私は若いから、これくらい大丈夫”

などという考えは持たずに、夫や親、兄弟、友達など頼れる人には頼って、なるべく自分の体を休めるようにしてください。

昔は産後の肥立ちといって、お産を終えた後、だんだん健康が回復していき、赤ちゃんの生後1ヶ月のお宮参りの時に床上げをするのが普通でした。

※床上げ…
自宅出産が普通だった昔の言葉で、産後は布団を敷きっぱなしにして、できるだけ体を休めている状態から、その布団を片づけて、通常の生活に戻ることを指して言います

ただ、今は核家族化も進み、一ヶ月もゆっくりしていられない!というのが現状だと思います。

私も、出産時里帰りすることもなく、退院後すぐに家事を再開し、上の子と新生児のお世話でクタクタでした。

でも、少なくとも産後2週間までは、自分の体と赤ちゃんのお世話だけを考えてください。

無理をしたら、本当に後で体に出ます。

更年期障害が酷くなると一般的には言われています。

疲れがすぐに出る場合もあります。

私の場合は原因不明の高熱が出たり、体力がなくなり、すぐに体調を崩したりしました。

産後3週間ほどで軽い家事で体を慣らし始め、産後4週間で大体の家事はこなせるようになれば十分です。

もちろん、まだまだ疲れやすいのでこまめに休みをとり、重い物を持つなどの無理をしてはいけません。

本当の意味で体が妊娠前の状態に戻るには半年かかるそうです。

少なくとも悪露が出ている間は、まだ休むべきだと考えてくださいね。

(母乳育児の人は長いと2ヶ月ほど悪露が続きます)

産後の肥立ちがどれほど大事な物なのかを十分に旦那様にも理解をしてもらって、よく手伝いをしてもらいましょう。

出産後ママの心と体の一日も早い回復には十分な休息が必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る